クロッチが表紙でダンス!「あしたスキップ」ダンスとは?
2013年3月20日


 「あした スキップ」は、子どもたちが転んだときに、できるだけ怪我をしないために作られたダンスです。最近の子どもたちは、転ぶときに、とっさに手をだして自分のからだを支えることができず、顔や頭を直接、道路などにぶつけて怪我をしてしまうことが多いそうです。
 そこで、ヒップホップの軽快なリズムにのせて、子どもたちが楽しくダンスをしながら、身軽な動作をとれるようにトレーニングできるように振り付けを考え、開発されたのが「あしたスキップ」です。

 一度、聞いたら忘れない覚えやすい歌詞と音楽(作詞作曲歌/林たつのり)にのせて、尚美ミュージックカレッジ専門学校のダンスの青井智佳子先生たちと、豊島区内の幼稚園の先生方がダンスをする映像、次には、幼稚園の先生といっしょにダンスをする子どもたちの映像が収録されています。


 冒頭には豊島区長のこのダンスへのメッセージも収録されています。豊島区制施行80周年のセーフコミュニティ活動の一環としての「としま・セーフコミュニティ・ダンス」のこのDVDで、クロッチは表紙とDVDの盤面の上、歌詞カードの上で、おもいきりダンスさせていただいています!