豊島区 x クロッチ。「地域猫活動(野良猫)」のためにできること
2019年3月14日

桜がほころび、「別れと出会い」に心が揺れる季節です。

—ずっといっしょだよー

こんなタイトルで、豊島区の新しい犬猫手帳が完成しました。

—少しでも多くの猫や犬たちが、幸せな出会いを持ち、その人のもとで最後まで幸せに暮らせますようにー

そう願いながらクロッチも、手帳に参加させていただきました。そして、このたび「地域猫活動」を紹介する豊島区のリーフレット、新たに中国語版、韓国語版、英語版ができました。



豊島区犬猫手帳「ずっといっしょだよ」

発行:豊島区池袋保健所

 

動物病院の連絡先、困った時の連絡先、日常と被災時の備えやアドバイスなど、愛犬愛猫のための貴重な情報が満載です。愛犬愛猫の写真を貼り、からだの特徴や既往歴、予防接種記録をメモできるB5サイズ、19ページ、フルカラーの便利な犬猫手帳です。クロッチもたくさん登場します!

(発行:豊島区の池袋保健所 生活衛生課)

 

 

 

 

 

 


「地域猫活動」を紹介するリーフレット

飼い主のいない猫たちと人との共生のためのリーフレット「地域猫活動」って何にゃ~ は、「飼い主のいない猫」が地域の生活環境の与える影響や、「地域猫活動」のルールや効果についてわかりやすく説明しています。このたび、新たに中国語版、韓国語版、英語版ができました。

(発行:豊島区の池袋保健所 生活衛生課)

 

豊島区は今年、「東アジア文化都市2019豊島」を開催します。

https://culturecity-toshima.com

のら猫クロッチも、地域と人と野良猫との共存を考える「地域猫活動」を紹介するリーフレットとして参加です! アートや文化の力で地域課題の解決を目指す豊島区らしさ。日本語・中国語・韓国語・英語版ができました。

 

 

 

 

 

 

北の国ののら猫仲間(阿寒湖畔)
2019年3月10日

北の国の野良の子猫

 

Photo by IAN

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のら猫クロッチ。コンセプトブック「縁起(えんおこし)」
2019年3月10日

のら猫クロッチ「縁起」

のら猫クロッチは、「いつでも どんな時にも 寄り添い 見守ってくれる」存在です。家も身寄りもないけれど、明日を信じて、都会のかたすみで明るく生きるクロッチ。自分よりもまず相手を思いやり行動するクロッチは「理想の存在」の象徴です。2007年の誕生から、キャラクター界の異端児、〆キャラとして、物語や川柳などで活躍する一方、人とのご縁を大切に育てながら社会活動を続けています。

発行:2016.10


 

 

江戸あやつり人形「一糸座」さんと新作づくりはじまる・3/3更新
2019年3月3日

アイヌとカムイの関係性を題材にした物語「友送り」をベースに、400年近くの歴史のある江戸あやつり人形劇団一糸座
との舞台づくりがはじまりました。(2020年秋公開予定)

 

 

 

 

 


10月21日(日)は「としま猫 未来のために」 ★ 一糸座さん

一糸座さんによる「のら猫クロッチ」芝居

あやつり人形のら猫クロッチ。初のプチお披露目。
二足歩行。眼光鋭く、堂々とした貫禄ある芝居にご注目!!  一糸座さんによる「江戸あやつり人形のら猫クロッチの芝居とお話」です。(お話は、のら猫クロッチ物語「似た者同士」より)

 

結城一糸さんによる、江戸あやつり人形の解説です。男性の人形、女性の人形の構造上の違い、演技の違いがユニークだなぁ…。

 


 

江戸あやつり人形一糸座さんの舞台、東京小平市の平櫛田中彫刻美術館。劇場とは一味違う、庭園を活かした八百屋お七。一糸さんの袴姿の芝居、粋でした!

 

 

 


糸あやつり人形一糸座は、江戸の糸あやつり人形の流れを汲む座として、古典作品の上演のみならず、現代の演出家・作家・俳優たちとの共同作業による新作公演、海外との国際共同公演など意欲的な芝居創りをしています。

https://www.isshiza.com
そんな一糸座のみなさんが、10月21日の「としま猫 未来のために」の上演に向けてクロッチの糸あやつり人形を作ってくれています。いったいどんなクロッチになるのか、興味津々です。

イベント当日は一糸座さんは中央ステージに3回、登場してくださいます。

14時〜 江戸あやつり人形のら猫クロッチの芝居とお話
15時〜 あやつり人形体験
16時〜 江戸あやつり人形のら猫クロッチの芝居とお話

 

【ただいま、のら猫クロッチの糸あやつり人形を制作中】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

10月7日、一糸座の人形浄瑠璃公演(場所:小平市平櫛田中彫刻美術館)を見てきました。演目は「伊達娘恋緋鹿子八百屋お七(火見櫓の場)」と「田能久」。

浄瑠璃と三味線、そして、糸あやつり人形、が織りなす見事な芸術空間。あっという間に江戸時代にトリップしていました。すばらしい舞台、ぜひみなさん、

一度ご覧になってください。

 

 

 

 

 


 

一糸座さんの「泣いた赤鬼」

2018年7月27日(金)〜29日(日)に再演されました。

http://isshiza.com

 

 

 

 

 

(リンク)>>親子で観たい、一糸座(脚本・演出:天野天街)の人形音楽劇『泣いた赤鬼』稽古場レポート

 

 

 

 

https://spice.eplus.jp/articles/199514?fbclid=IwAR10cpa0_XYRl11-k5As6C3dS43hKCzK_dAwDjzWUQXyWkbl3vGcbAEXHzE

エカシとクロッチ、熊の神と鮭の神の会話
2019年2月12日

のら猫クロッチは悩みがありました。

「俺たちの仲間たちに、犬猫殺処分ゼロとか、恐ろしい言葉を人間たちは使う。本来仲間だったはずなのに。やっぱり、人間と動物は共存できないのかな」

そんな傷心で東北を旅するクロッチが一関でアイヌの長老と出会います。

エカシはこう言いました。
「オレたち(アイヌ)は動物だから、
動物を食べるのはしょうがない。
でも命を管理しちゃいけないなぁ。
 1/3は自分のために、
 1/3は動物(自然)のために、
 1/3は未来のために。
そういう気持ちで生活をしてきたから、
オレ(アイヌ)たちは自然(カムイ)と共存できたんだよ。」

それを聞いたクロッチは、
エカシの考えを広めるメッセンジャー役となりました。

 

 

 

 

 

これは、あかんのホテルのロビーにある、昨年冬に亡くなったアイヌ彫刻の巨人、藤戸竹喜さんの作品です。中段に、熊神と鮭神の会話が描かれています。

 

熊神「オレはお前を半分だけいただくことにしよう」

鮭神「私はふる里の川に子孫をたくさん残してきたから思い残すことはありません。さあ、私をお上りください」

熊神「それでは遠慮なく半分喰うぞ!!残りの半分は森に分け与えて大地の栄養としよう」

 

潔い命の活かし方、活かされ方に驚きました。
動物たちの世界は「1/2」なのだそうです。
動物脳に加え「人間脳」をいただいた人間は、さらに条件を厳しく「1/3」というのは理にかなっているなぁとこの作品をみて思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SDGs Local Action “PEACE INDIA PROJECT – Hi! Krocchi”
2019年1月6日

インドの女の子たちが、のら猫クロッチの服をつくるドキュメント映像(英語版)です。「SDGs目標4」質の高い教育をみんなに。(映像&音楽制作:Ricco Label)

 

Hi! Krocchi(クロッチ、こんにちは!)

現在、インドのコットン畑では、48万人もの子どもが働き、その7~8割が女の子であると言われています。ピース・インド・プロジェクトは、そんなコットン生産地域で、危険な労働にさらされている子どもたちを守り、教育を支援するプロジェクトです。

今回の映像は、働きながらも学ぶことのできる職業訓練センターに通う女の子たちが、クロッチ(のら猫のキャラクター)の服を作るドキュメンタリーです。

彼女たちがクロッチのために心をこめて一生懸命作った、世界にひとつしかない作品をご覧ください。なお、完成した衣装(100着以上)は買い取ったのち、日本橋三越本店の催事「のら猫クロッチ 縁起こし」などで販売しています。

 

 

 

PEACE INDIA PROJECT

インド南部、テランガナ州は私たちの衣服などの製品の原料となっているコットンの生産が盛んです。コットンの栽培には多くの子どもが関わっており、インド国内のコットンの種子栽培だけでも48万人以上の子どもが安い労働力として働かされていると言われています。コットンの栽培に使われる有害な農薬の影響で具合が悪くなったり、ひどい場合には亡くなる子どもがいます。

そんなコットン畑で働く子どもたちが児童労働から抜け出し、教育を受けられるようになることを目指して、日本のNPO法人ACE(エース)は、現地NGOのSPEEDと共に「ピース・インド プロジェクト」を実施しています。

その活動の1つに、教育を十分に受けられないまま義務教育年齢を過ぎてしまった女の子向けの職業訓練センターの運営があります。児童婚などの問題から女の子はすぐにお嫁にいってしまうから教育を受ける必要がないという考えや、結婚の時に必要な持参金は女の子自身が稼ぐべきだという考えを持つおとながいるため、畑には男の子より多くの数の女の子が働いています。

職業訓練センターでは、仕立て屋になるための縫製や刺繍の技術を教えながら、読み書きや算数を教え、教育の機会を提供しています。また、訓練を終えた女の子は、家庭の中の安全な環境で仕立て屋として収入を得られるようになります。

コットン畑で働き、望んでも学校に行くことができなかった過去を持つセンターに通う女の子たちに、クロッチが「おいらの服を作ってほしい」と依頼をしてくれ ました。初めてクロッチと会った時、女の子たちから笑顔がこぼれました。クロッチは彼女たちにとって初めてのお客さんでした。

彼女たちが大好きなクロッチのために心をこめて一生懸命作った、世界に1つしかない服たち。見て、触って、匂いをかいで、遠く離れたインドの空気を感じてください。

◉世界の子どもたちを児童労働から守るNGO ACE
http://acejapan.org

 

 

 

 

日本橋三越本店「のら猫クロッチ 縁起こし」

 

 

 

 

 


 

 

 


 

【のら猫クロッチと目があって6 ★ 同行二人】

第6回 田柳優子さん

 

認定NPO法人 ACE「ピース・インドプロジェクト」担当

「クロッチの心意気が好きです」「野良はひとりで生きられる」といいながらも、
誰かのために何かをせずにはいられない!

今日、世界の子どもの9人にひとり、1億6800万人が児童労働をしている、といわれる。ACE (Action against Child Exploitation)(意味:子どもの搾取に反対する行動)は、インドとガーナで危険な労働をしている子どもたちを守りながら、日本で、児童労働の問題を伝える啓発活動や解決のための活動をしているNGOだ。今年2月に、ACEが運営するインドの職業訓練センターで学ぶ女の子たちに、オイラの服を作ってくれるよう計らってくれた田柳優子さん。8月には、完成した50着の服をインドから持ち帰ってくれた。

 

 

子どもたちの表情が変わっていく

「この活動をやっていてよかった!」。と感じるのは、子どもたちの表情の変化を見た時だと語る田柳さん。朝から晩まで畑で働きづめ、土日も休めず、ほぼ1年中働く子どもたち。表情は暗く、笑うことはほとんどない。しかも、子どもたちは、頭痛や腹痛、腰痛などなにかしら健康の問題を抱えている。コットン畑の腰をかがめる作業で腰痛に、有害な農薬のせいで不調になり、皮膚病にもなる。農薬がついた手でお弁当を食べて亡くなった子もいる。

現地では、「児童労働がいけない」と思わないおとなが多い。農村では子どもは「稼業の働き手」とみなされているのだ。村の学校の先生は、学校にこない子どもたちの面倒まではみない。ACEでは、子どもたちを学校に通わせるために、先生と村人の協力を得ようと何度も地道に働きかけていく。そして、ACEが村で実施する「ピース・インド プロジェクト」で運営する補習学校「ブリッジスクール※」の様子を親たちに実際に見てもらう。働いている時には、子ども同士でおしゃべりもせず無気力だったのに、通いはじめると、表情が生き生きと輝き、髪をとかし、歯も磨くようになる。

「それなら自分の子も学校に行かせてみるか」。と、そこでやっと親の意識が変わる。活動の仲間になってくれた村人は、家庭訪問や説得にも協力してくれるようになる。「貧しいから学校にはいかせられない」とはいうものの、実際には通わせられる家庭もある。子どもの稼ぎが必要なほど非常に困窮した親へは収入向上支援をするが、お金ではなく物で融資をする。ヤギや羊を有償貸与し、飼い方を教え、数を増やして市場で売る。ある程度の利益がでるようになったら、家畜の代金は無利子で返してもらう。

 

オイラの服をつくってくれた女の子たちとは?

今回、オイラの服を作ってくれた職業訓練センターで働く女の子たちも、9ヶ月後にミシンを有償で貸与されるんだって。誰を支援するか決めるには、本当に返済する意思や能力があるのか見極めなければならない。一番大切なのは、その親が子どもを学校や職業訓練センターに通わせる意志が本当にあるのかを判断することだという。

※ブリッジスクールとは、働いていたために学校にいけなかった子どもが基礎学力を身につけ、公立学校へ就学できるよう支援するための補習学校

 

 

活動への参加者や仲間が増えた時はとてもうれしい

「ACEは小さな団体なので、現地で救える子どもの数はとても少ないんです」。膨大な児童労働者数を減らすためには、途上国だけではなく、先進国の人々の意識を変えていく必要があるという。
「児童労働」といわれてもピンとこない日本人が、自分に身近な商品とのつながりから実感できるように、ACEでは、綿製品の原料のコットン、チョコレートの原料のカカオ、のそれぞれの生産地、インドとガーナを支援地域に選び、活動を続けている。

「児童労働の現状を伝えた後で、活動への参加者や新しい仲間が増えた時はとてもうれしいです」と語る田柳さん。大学2年の春休み、「日本と全く違う国で、子どもにかかわることをしよう」と思い立ち、2ヶ月間、インドでストリートチルドレンを保護しているNGOの手伝いをした。ところが、「子どもたちのために何かしてあげたい!」とでかけていったのに、英語もヒンディー語も通じず、何もわからず何もできなかったという。その時の悔しさとはがゆさは、田柳さんにとって初めてのノラ体験となり、人生の大きな分岐点ともなった。帰国後、「今度は日本語がわかるスタッフと共にインドに行きたい」と、同じ年の夏休みには、ACE主催の「児童労働の観点でのスタディツアー」に参加したというのだから、そのタフさに驚かされる。

 

自分を動物に例えるなら

自分を動物に例えると?「犬っぽい」。といわれる。「性格的に猫よりも犬ですね」。「わたしはクロッチのように、ひとりで生きていくとは言えないです」との答え。

 

クロッチの「受け入れられ力」を貸してほしい!

「クロッチの心意気が好きです」「野良はひとりで生きられる」といいながらも、誰かのために何かをせずにはいられない!『のらのため』という言葉も、自分のためというよりは、自分のようなつらい境遇の人のため、という性格がカッコいい!『世のため、人のため』、これはNGOもいっしょです。」と田柳さん。 最初、目つきが鋭いオイラが受け入れられるか心配したが、子どもたちも、おとなの男の人たちも笑顔になった。そしてオイラを好きになってくれた。「クロッチの『受け入れられる力』を貸して欲しいです!」。「田柳さん、ガッテンだいっ!」

 

■田柳優子(たやなぎゆうこ)
大学卒業後、企業勤務を経て、学生時代からボランティアをしていたACEで2015年からスタッフとして働き始める。

 

 

 

 

 

 

のら猫クロッチとACEさんとのご縁をつくってくれた成田さんとのツーショット

 

【pdfダウンロード】