のら猫クロッチの「ポストカード」(全12枚)シリーズ
2018年10月20日

のら猫クロッチのポストカード(全12枚)

それぞれの作品にクロッチ川柳があります。

 

 

 

 

 

のら猫クロッチと会えるカフェ&ショップ
2018年10月19日

足利市「カフェ杏奴」

北海道「JOMON LOHAS CAFE」

オイスカ

 


のら猫クロッチの棲家1号は新宿区下落合の「カフェ杏奴」さんです(現在、足利に移転)
(撮影:2009年)


 

10月21日(日)は「としま猫 未来のために」 ★ 一糸座さん
2018年10月12日

 

糸あやつり人形一糸座は、江戸の糸あやつり人形の流れを汲む座として、古典作品の上演のみならず、現代の演出家・作家・俳優たちとの共同作業による新作公演、海外との国際共同公演など意欲的な芝居創りをしています。

https://www.isshiza.com
そんな一糸座のみなさんが、10月21日の「としま猫 未来のために」の上演に向けてクロッチの糸あやつり人形を作ってくれています。いったいどんなクロッチになるのか、興味津々です。

イベント当日は一糸座さんは中央ステージに3回、登場してくださいます。

14時〜 江戸あやつり人形のら猫クロッチの芝居とお話
15時〜 あやつり人形体験
16時〜 江戸あやつり人形のら猫クロッチの芝居とお話

 

【ただいま、のら猫クロッチの糸あやつり人形を制作中】

 

 

 

 

 


 

10月7日、一糸座の人形浄瑠璃公演(場所:小平市平櫛田中彫刻美術館)を見てきました。演目は「伊達娘恋緋鹿子八百屋お七(火見櫓の場)」と「田能久」。

浄瑠璃と三味線、そして、糸あやつり人形、が織りなす見事な芸術空間。あっという間に江戸時代にトリップしていました。すばらしい舞台、ぜひみなさん、

一度ご覧になってください。

 

 

 

【ご案内】10月21日(日)『 “としま猫” 未来のために 』開催
2018年10月8日

わたしたちのまわりにはクロッチのように身寄りのない猫たちがたくさん生きています。そんな猫たちに幸せになってほしい! イベント「“としま猫” 未来のために」で、なんと実行委員長をおおせつかったクロッチ、おおはりきりです。

ステージでは、糸あやつり人形「一糸座」」による、クロッチのお芝居とあやつり人形体験、劇団ムジカフォンテによるミュージカル「11ぴきのねこ」の上演、「としま案内雑司ヶ谷」のガイドによる雑司ヶ谷ミニ散策、着ぐるみクロッチの登場、クロッチと踊る「としま・セーフコミュニティ・ダンス」上映。そして、「地域猫って何にゃ〜?」のお話があります。スタンプラリーもあります。

展示では、猫たちのための活動や事業の紹介、そして、ねこよろず相談もあります。盛りだくさんのイベントです。秋の日曜日、みなさん、ぜひいらしてください。クロッチともどもお待ちしています。

(チラシダウンロード)
http://krocchi.com/pdf/toshimaneko_1021.pdf


“としま猫” 未来のために
10月21日(日)午後2時〜5時(入場無料)
場所:豊島区役所1階センタースクエア

 


“としま猫” 未来のために

捨てられたり、逃げたりして、のら猫になってしまった猫やそののら猫から産まれた子猫たち… としまで暮らす「としま猫」…そんな猫たちと地域で暮らす人々との共生のあり方について考えてみませんか?


主な内容:

1:劇団ムジカフォンテ
ミュージカル「11ぴきのねこ」(馬場のぼる作)

2:糸あやつり人形「一糸座」
江戸あやつり人形のら猫クロッチの芝居とお話、あやつり人形の体験

3:のら猫クロッチ 
着ぐるみクロッチとも会えるよ!

4:展示ブース
・地域猫って何にゃ〜?(生活衛生課)
・猫の絵本(豊島区中央図書館蔵書資料)
・成犬・成猫の譲渡事業(東京都保険福祉局)
・地域猫協議会の活動内容の紹介(地域猫協議会)
・ねこよろず相談・活動紹介(NPO法人東京キャッツアイ)

5:雑司が谷ミニ散策
ボランティアガイド「としま案内人雑司ヶ谷」がガイドします

6:スタンプラリーもあるよ!
展示ブース・体験コーナーのスタンプをあつめてゴールしよう。景品※もあります
(※先着500人まで)

 


主催:”としま猫”未来のために実行委員会
(のら猫クロッチ倶楽部  劇団ムジカフォンテ  豊島区池袋保健所生活衛生課)

参加団体:東京都保健福祉局  としま地域猫協議会  NPO法人東京キャッツアイ  NPO法人ムジカフォンテ  一糸座  としま案内人雑司ヶ谷  ヌールエデザイン総合研究所

問合せ先:池袋保健所生活衛生課
TEL :03-3987-4175